1910-20's "O.C.White" Brass Telescopic Desk Lamp

1910-20's "O.C.White" Brass Telescopic Desk Lamp

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

1910〜20年代頃のアメリカ【O.C.White】社製ブラス(真鍮)デスクランプです。
アメリカ製のランプの中でも同社の製品は特にクオリティが高い製品で、歯科医師が創始者なだけに非常に緻密なライティングが可能です。また、溶接ポイントが一切無く、スイッチの樹脂、スイッチ内部の端子の磨耗、配線等の交換可能な消耗品パーツ以外、通常使用で金属疲労や溶接剥がれ等で壊れる要素がございません。

今回の物は同製品の中でも非常に良いコンディションです。
経年劣化が否めない配線( + コンセントプラグ)以外はシェード 〜 O.C.White製特殊ワッシャーなどの細かいパーツも含め、底部のフェルトクッションも未だ残るほぼ100%オリジナルの完品です。
(HUBBELLシェードは汎用パーツですが O.C.White社が正式採用していたシェードです。)

ソケットは【WEBER】社製1910年のパテントが入っております。恐らくマイカが使用されていた古いタイプです。(現在は取れて無くなってます)
ベースはキャストアイアン(鋳造)にブラスのカバード、O.C.White社の特徴でもあるナックルパーツもキャストアイアンで出来ており、まずここでアームの角度&つかみの長さ調整が出来ます(付け根は360°回転可能)。
他全てブラス製で、アーム自体がテレスコピック機構(内部にテンション機能)で約20cm伸縮します。
ソケット付け根の関節(ウイングナット)は裏側に凸付きワッシャー(O.C.White製特殊ワッシャー)付きなので、"片手"でかんたんに緩める事ができ、約300°程の範囲で角度調整可能。
とにかくアームの動きは自由度が高いので、例えばTOP画像の状態から向きを正反対にする事も可能です。

大部分がブラス製ですので経年変色している部位もございますが、奇麗な面が多く、大事に手入れをしながら使用されてきた感じがございます。特にアームの伸縮部が奇麗なレッド(ローズ)ブラスの様な色をしており、レッド(ローズ)ブラス × ゴールドブラスのコントラストが奇麗です。また、ベース部分など部位によって経年変色で赤茶色くなった部分 〜 純のブラス色の奇麗なグラデーションが見て取れます。

先にも述べたとおり基本的に非常に良いコンディションなのですが、ダメージポイントを強いて上げると...
シェードに後から開けられた穴8個くらいでしょうか。通常使用でもけっこうチンチンに熱くなるので放熱の為に開けられたのだと思います。穴の周りに多少の歪みや変色はみられますが雰囲気は悪くないかと思います。
他はベース部分にいくつかの浅いヘコミや、白ぼけた様な表面の汚れやアームにわずかな経年ジミなどございますが、全て経年使用程度なので特に気にならないと思います。

電球は付属致しませんが、口金サイズは日本でごく一般的なE26サイズです。
配線は>> コチラ << のコットン製・ベージュを3m使用しました。(アーム内部は汚れてしまいました。。。)
アーム最短時の配線出口から260cm、アーム最長時で240cmの長さがございます。さらにコンセントプラグは1930年代頃のデッドストックで、珍しいどんぐり(ACORN)柄のベイクライトのアイボリーを使用しておりますので良い雰囲気かと思います。

◆SIZE◆
TOP画像の状態で卓上高約49cm。
最高卓上高(シェード部は直角)約65cm位まで伸びます。
テレスコアーム全長(ソケット付け根まで)32cm〜52cm
シェードのみ 直径17.5cm×深さ9cm
ベースのみ(ナックルパーツ上部まで) H:14cm×W:16.5cm
総重量約4kg


容量上掲載出来なかった画像や、各部の "さらに" 大きく詳細な画像をご覧になりたい方は...

>>こちらのオークション画像をご参照下さい

*参考までに、以前販売した>> コチラ << のアイテムページも併せてご覧下さい*

商品詳細画像 ↓

レビュー

0件のレビュー