1910-20's Victorian "Doorbell" or "Nurse Call" Switch

1910-20's Victorian "Doorbell" or "Nurse Call" Switch

販売価格: 5,800円(税込)

在庫数 1点

商品詳細

1910〜20年代の押しボタン式スイッチです。
黒光りしたボディーは、ベークライト製。ボタン部分は、たぶん白いガラス製だと思いますが、白磁などかもしれません。(少し表面汚れがございます - 2枚目の画像)
本来は、"ドアベル" や "ナースコール" 用のボタンだったと思います。
構造としては、押してる間だけ通電致しますので、玄関壁からぶら下げたりして風変わりな呼び鈴用スイッチなど、アイデア次第ではなかなか面白い利用法がありそうです。

*この商品のみではベルとして機能致しません。ベル機能のみの玄関ベルのスイッチと交換して取り付けて頂くものです。(インターホン付きのものには使用出来ません) また、取り付けにはプロの技術が必要です。


イエローの布巻きコードが145cmほど付属しておりますが、末端でカットされております。
恐らく、最近まで使用されていた物で、コード自体も使えそうですが、あくまで中古とお考え下さい。
本体に開いている穴の直径は6mmほどですが、>> コチラ << の6.5mm のコットン製の配線でも、『ギュッ!ギュッ!』と押し込めばなんとか入り込みます。(←*こちらの配線は付属しませんので、別途必要数をご注文下さい。また、同時にご注文いただいた際でも、接続等は承っておりません。)

商品詳細画像 ↓

レビュー

0件のレビュー