>> 全商品一覧




- Monthly Schedule -





>> ご注文方法
>> ご注文前のご注意

>> 配送・お支払い方法について
>> ご入金期限は翌営業日迄です

>> $現金割引$ について

>> 海外発送について

>> お客様からのお便り
>> ご参加について
>>(レビュー機能もあります)






FUNNY SUPPLY

>>【ウォッチリスト】を見る 

>>【ウォッチリスト】について




- CREDIT CARD -
クレジットカード決済

FUNNY SUPPLY

上記以外のカードも利用可能です
詳しくは >> Click




HOMESOLD OUT- 実働品 - 1940-early 1950's U.S.ARMY Chromed Telephone 【BLACK × SILVER】
商品詳細

- 実働品 - 1940-early 1950's U.S.ARMY Chromed Telephone 【BLACK × SILVER】

販売価格はお問い合わせください。
[SOLD OUT]
      ↑
-*今回は、こちらのサムネイル画像も含め、普段よりも多数の画像を掲載致しておりますので、是非 "拡大" してご覧下さい*-

1940〜1950年代初頭頃のアメリカ版 "黒電話" です。
今回の物は、アールデコ期の流れを汲んだ当時らしい流線型のフォルムで、【ブラック × シルバー】のシックなカラーコンビ & モッチリポッテリデザインで【THE・電話】といった感じですね。
背面に【SIGNAL CORPS U.S.ARMY】とに刻印されております通り、アメリカ陸軍の通信部隊?に支給されていた電話かと思います。(そして将校クラスの場合は "赤電話" なども支給されていたようです)


こちらの電話。受話器はブラック・ベークライト製(このモデル専用のオリジナル)で、ボディは本来ブラック塗装された合金製なので、ブラック一色のはずなのですが、今回の物は比較的最近、その合金製ボディにクロームメッキ処理が施されレストアされております。

ダイアル部分は黒いベークライトかなにかの硬質樹脂製。(回転もメカニカルな良い音でスムーズです。)
ダイアルの数字が書かれたプレートは、白いホーロー製(ガラス繊維の入った塗装 - 焼き付け塗装)で、古〜いバスタブやキッチン用品などと同じ製法です。
アメリカ製の電話に関しては他にアルファベットの表記が入るものが多い中、こちらはシンプルに数字のみでフォントデザインも非常によろしいです。
加えて、ダイアル中央のダイアル・カード(厚紙製・セルロイド製カバーフィルム)もシンプルでシックなデザインなので、ボディー・デザインにしっくりときます。
底の四つ角に取り付けられている "足" も似た様な黒い硬質樹脂製。


発信時はこれから話す相手を思いながら『ジーコ!… ジーコ!… 』とゆっくり贅沢に時間を使ってダイヤル。
そして、着信時はノスタルジックな音ですが、意外に綺麗で澄んだベル音でシッカリと鳴り響きます。

※注意 ナンバーディスプレイ契約ありの場合 の鳴り方は…
始めに『ジリン!ジリン!ジリン!… 』とテンポ良く6回ほど鳴った後に一呼吸置いてから…
『ジリリリ〜ン!! … ジリリリ〜ン!!』と、通常のロングバージョンに切り替わるのですが、ロングバージョンに切り替わる前に取ってしまうと切れてしまいます。 …ですので、ゆっくりと電話に向かいましょう。



◆SIZE◇
受話器を置いた状態で【H:15cm × W:23cm × D:13cm】
底部のみ(最後の画像) 【W:19cm × D:13cm】
総重量:約3kg



今日では、携帯電話 → 携帯電話の通話が一般的になり、あまり使用されなくなってきた感のある固定電話ですが、世間体的( = 信頼性)、通話料的になかなか生活から排除できません。
そんな、滅多に使用しない(??)電話だからこそ、デザイン重視で、インテリアとして選びたい所なのですが…
困った事に今回の電話、理由は後述してますが、 "黒電話" として普通に実用可能な電話となっております。
すごく厳密に言うと…  あくまでアナログ電話ですので、デジタル通話品質に慣れ過ぎている方、音関係のお仕事をされてる方からすると劣る点もあり、この電話に関しては相手へ聞こえる自分の声が少し小さかったりしますが、昔のアナログ電話のようにちゃんとマイクに口を近づければ問題無い感じです。

ベル音量に関しましては内部の2個のベル、そして、その中央にある "振動式ハンマー" で調整可能ですが、恐らく現状は前の持ち主の趣向で1個のベルのみが鳴るようにしてある為、上記のように綺麗で澄んだベルの音がするのだと思います。音量的にはちょうど良いと思います。
ですが、アナログ的な作業がお好きな方であれば、底部の4点のビス、そしてボディーカバーを外して機械部をあらわにし、この "振動式ハンマー" にビニールテープ等を巻けば、『カタカタカタ… 』とほぼ無音にまで出来たり、2個のベルの配置を調整し、さらに "ラウド" にする事も可能かと思います。


この電話はすでに経年程度のダメージはあり、中古ではございますが、元々はボディーのメッキ処理の際に一旦全てバラバラにしたパーツを一つ一つ丁寧に磨き直したり、各部メンテナンス後に組み直したほぼ全てがオリジナルパーツの電話です。
コイル・コードは交換されており(すでに中古ですが)、モジュラーケーブルも日本で一般的な【RJ-11】のケーブルに交換済み(こちらもすでに中古ですが、長さ193cm)です。

その際、日本国内で使用出来るよう内部パーツの一部を交換&調整済みですので、現在、ダイヤル回線(ダイヤルパルス方式)でお使いの方は、 "回線種別の変更" をせずに、差し替えだけで使用出来るようになってます。
(*それ以外の方でも "デジタル回線"のISDN回線以外であれば、恐らく 簡単な "回線種別の変更" 程度で使用可能になると思います)


また、プッシュ回線利用中の方で "回線種別の変更" をする気が無い方 でも発信を除く受信&通話は可能です。 ‥なので、>> 分配アダプタを使用し、発信&FAX受信は現在お使いの電話。"受信による通話" にこの電話を…
(*そして、 相手の電話番号検索はいつもスマホ の方であれば… 受話器に近づけ、音でダイヤルする為の "アプリ" を利用する)


‥と、考え方によって様々な使い方が出来るかと思います。
(*上記プッシュ回線&アプリは試してませんが 恐らく 問題無しです)


参考までに、当店がお勧めする現代の生活に適した使用例を…

NTTの "ひかり電話" の場合。(お持ちの電話番号を引き継ぎ or 地域ごとの市外局番が割り当てられます)
これは、ダイヤル回線とプッシュ回線の両方に常時・同時に対応してる最先端かつ最も安価なサービスです。
なので、>> こちらの分配アダプタ か、>> こちらの2m 延長 + 分配ケーブル を使用すると、最新FAX電話機を接続 & それは隠し気味で… インテリア(実用)としてこの電話を出しておくなど便利な使い方も出来ます。
(ただし、一回線を共有しているため、FAX電話機にて電話をかける際はON/OFF時に『チン!』と共鳴する場合もございます。)

その他、ひかり電話ルーターには基本的に電話機ポートが2基備わっているので、月額たった105円の追加番号サービス "マイナンバー" を利用し、電話番号とFAX番号とを分けて使用する、最も簡単な方法もございます。




容量上掲載出来なかった画像や、各部の "さらに" 大きく詳細な画像をご覧になりたい方は...

>>こちらのオークション画像をご参照下さい


商品詳細画像 ↓
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

レビュー
0件のレビュー