1920-30's GRAS N°403

1920-30's GRAS N°403

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

<<↑Click to Zoom >>
(*このページ最下部にも他の画像がございます。)


1920〜30年代頃のフランス製 "GRAS N°403" クランプ式のテーブルランプです。
元々の生産数が少ない為、市場でもなかなか出ない珍しいモデルです。グラ LAMP LAMPE
シェードはN°1054のスタンダードタイプ。アームには深くシッカリと "GRAS" タイプの刻印が入っております。

このランプの特徴としては、クランプ式で気軽に移動できる上、そのクランプ部から垂直にアームが立ち上がり、まずそこに設けられた "第一クリップ" 部で水平に180°回転させる事ができます。そしてその先、シェード方向にもう一つある "第二クリップ" の箇所では、内部の特殊機構(テレスコピック機構)により "ぐいっ" と簡単にアームを伸ばしたり、さらにこの箇所で360°垂直回転します(←ぶつかってしまったり、大きな振動が加わるとシェード辺りの重みで下方に戻る場合もございますが)。またさらにその先、シェード直近の短いアームでも角度を自由に動かせますので、様々な場所、シーンに対応可能かと思います。究極の機能美ですね。

同じく、テーブルライトである >> N°201 と比べ、垂直に立ち上がり、直角に曲がったアームの効果により照射範囲なども含め、非常に使い勝手が良くなっております。

ソケットは真鍮製 - 配線出口の木製パーツも良い味を出しております。他も全てオリジナルパーツです。


【スチールアーム&アイアンクランプベース】
クランプからの立ち上がりのアームはハケ塗りのようなムラが見て取れますが、これは焼き付け塗装を手作業で行った古い時代のムラのようで、なんともアジのあるオリジナルの黒い焼き付け塗装となります。ほぼ塗装ロスする事なく残っておりますが、その上からのアームや関節部は、回転させたりぶつかったりなどで多少の塗装ハゲや、もしかしたらかすかな補色(?)などもあるかもしれませんが、雰囲気を壊すようなダメージは特にございません。
他、アーム関節部の動きも全てが非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープしますので、全体的に良好なコンディションと言っていいか思います。

【シェード】
シェードはアルミ製のオリジナルのN°1054 です。内部は無塗装。表面はアルミ製の為、経年特有の斑点状の劣化は見られる他、ごくごくかすかな凹みが数カ所ございますが、特に気になるほどではないかと思います。
このシェードはうっすらと綺麗にリペイントがされているようで綺麗めですが、画像でおわかりになります通り、アームとの違和感は特に無く全体とマッチした "アンティークな良い雰囲気" かと思います。


配線は、 >> コチラ のレーヨン製・ブラックをたっぷりと5メーター使用しましたので、アームを最短にした配線出口から395cm(3.95メーター)と、ゆとりの長さがございます。さらにコンセントプラグは黒色樹脂の、アメリカ製の新品で、1930年代頃をモデルにしたリプロ(ヴィンテージモデル)の "リブ柄" 物を使用しておりますので良い雰囲気かと思います。

電球は付属しませんが、使用電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22Dです。入手先は東急ハンズや
>> インターネット またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。



◆SIZE◆
クランプ付き長アームの立ち上がりの天板からの高さ:約42cm。
伸縮アームのみの長さ:最短約30cm〜最長約50cm。
シェード直近の最短アームの長さ:約19cm。
シェード 直径:約14cm。
クランプを回して開く幅:0.8cm〜3.8cm。

商品詳細画像 ↓

レビュー

0件のレビュー