1930-40's "SILVER COMET" Pencil Sharpener【超・Mint Condition】

1930-40's "SILVER COMET" Pencil Sharpener
【超・Mint Condition】

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

<<↑Click to Zoom >>

かなり久しぶりの入荷です。
1930〜40年代のアメリカ有名文具メーカー【BOSTON】社製の鉛筆削りです。
アールデコ期の製品らしいこの流線型のデザインと、ブラック × シルバーのシブオシャレなルックス。
名前もイカニモな【SILVER COMET】と、ブラック × シルバーメッキのメーカープレート(シルバーニッケルメッキ&ブラックプリント仕上げですが、地金が真鍮製 という関係で "淡めの金メッキ" 風です)のデザインも含め… 完璧ですね。


今回の物は画像のようにごくわずかな使用感程度で、メッキ&塗装部のコンディションも非常に良く、底部の四つ角に本来ある樹脂もすべて弾力がかすかに残ったまま残存しており、題名のように "超・ミントコンディション" と呼んで良いレベルかと思います。

本体は、大部分がスチール製でクロムメッキ仕上げ。
本体が乗っているベースは、アルミか何かの合金のキャスト(鋳造)製で、本体と同じくクロムメッキ後に黒のちりめん塗装仕上げ。この製造方法だから造り出せるクロムラインのデザインがかっこいいですね。
総重量は約800gです。

クランク・ハンドルのエンド部は天然木に黒塗装です。
全体的なコンディションを見てお分かりになる通り、さほど使用されていないらしく、まだまだ黒塗装がしっかり残っております。これから使用していくとさらに経年により木目が現れたりして、それもまた良い雰囲気になります。

現代の物と同じで、オートマチック式なので鉛筆を勝手にホールド&プッシュして削ってくれます。
この、肝心の "削り" の方も現役で、普通の鉛筆は勿論、少しの本体不具合で折れやすいカラー鉛筆の芯も鋭く尖ります。
"削りローラー" の画像でお分かりになりますように尖り具合を3段階に変えられるパーツも付いております。
ハンドルがなんとなく軽く、空回りする感じになったら完了です(*削ろうと思えばたぶん延々と削れるので注意)

また、一番尖る設定にて実際に削ったのが最後の画像となるのですが、手で持てなくなる限界くらいまで短い鉛筆までは普通に削ることが出来ますので、書きやすさも考えると鉛筆を使い切るまで使用出来ます。 


◆SIZE◆
全体(本体+ベース) H:13cm × W:8cm × D:19cm (←ハンドルのせり出し込み)
ベースのみ H:2cm × W : 8cm × D:16cm
総重量:約800g

レビュー

0件のレビュー