1900-1920's "G.E."Porcelain Switch

1900-1920's "G.E."Porcelain Switch

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

<<↑Click to Zoom >>

1900年代初頭のアメリカ【ゼネラル・エレクトリック】G.E.製ターンスイッチのデッドストックです。
>> 今回で2度目(多少異なりますが) となる珍しいタイプのスイッチでで、大容量の3A-600V。(日本の電圧は100V)
本体は磁器(ポーセリン )製で焦げ茶色の釉薬にて仕上げられております。
なんといっても前面にずらっと入ったエンボスマークがいいですね。

時計回りにスイッチを回すごとに『バチンッ! バチンッ!』とON/OFF切り替えができます。
ベースには配線用の穴も含め4点の穴があります(上部に配線逃がし2箇所)が、ベースの4点のうちの2点を利用して壁付けが出来そうです。
配線に関しましては、本来若干特殊な配線方法で、おそらくヒューズ付きだったようですが、現在は分電盤にブレーカーが設置されておりますのでヒューズの調達は不必要かと思いますが、その分片方の見慣れない金具(緑の "↓" )を利用します。この端子はネジ式ではないため、ハンダで直接配線をする形になるかと思います。

◆SIZE◆(スイッチノブ含まずBOXのみ)
H:10cm×W:8cm×D:5cm


レビュー

0件のレビュー