1890's【Cast Iron&Brass】Loud Doorbell

1890's【Cast Iron&Brass】Loud Doorbell

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

<<↑Click to Zoom >>

1890〜1900年代初頭まで製造されていた、回転式の "TURN" レバーが付いたドアベルです。
非常に古く珍しい物で、"TURN" レバーを屋外側に設置し、ベルを屋内側に設置します。(最後の参考画像を参照下さい)
本来は玄関ドアに使用するものですが、今回のものはレバーとベルを連結するロッドが異常に長く、現状は約19cm厚の設定となっておりますので、玄関脇のに壁に直接設置できそうです。
もちろん玄関の厚みに合わせていただくことも可能ですが、その場合はロッドのカットと□の少しの研磨が必要です。

"TURN"レバーをどちらに回しても、内部のロッド(四角い棒)がベルを稼働させ『ジリリリリリリ〜ンッ!』と、昔の黒電話の様な "オールドファッションな重厚な音" で大きく鳴り響きます。
ベルの内部は、ちょうど自転車のベルと同じ構造で、レバーを回すと内部パーツが遠心力で開き、レバーを回した分だけベルを弾きまくるようになっておりますが、ゆっくり回してもシッカリと鳴ります
最後の "Sample Photo" は取り付け例としての掲載です。

"TURN"レバーとベル部分はキャストブラス(真鍮)製シルバートーンのニッケルメッキ仕上げ。
ベルの中央部にパテントのエンボスマークが入っており、ベース部分&内部パーツはアイアン製です。

"TURN"レバーのベース部は真鍮のプレス製法です。これに雰囲気の合う画像のマイナス頭の木ねじ2本をお付けします。


経年変色などの雰囲気など抜群で、大きなダメージも無く、申し分無いコンディションです。

◆SIZE◆
直径10cm×D:5.5cm(ベル)
直径7cm×D:4cm(←ロッド抜き、"TURN"レバーのみ)

レビュー

0件のレビュー