1920's "GRAS N°204" 【小型シェード】

1920's "GRAS N°204"
【小型シェード】

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

1920年代頃のフランス製 "GRAS N°204" テーブルランプです。
ぱっと見で “小顔くん” に見えるのは、シェードが大変珍しい小型タイプのN°1056のだからです。
シェードが小ぶりになるだけで、だいぶシュッとして見えますね。

アーム刻印部は "Lampe ajustable GRAS brevetée S.G.D.G." です。
ソケットは経年変色が綺麗なブラス製で、天然木製エンドが付いております。

シェードは塗装が剥がされておりますが、それ以外は リペイント無しのオリジナルペイントです。
シェードに軽い凹みや、アーム類には経年使用レベルの塗装ハゲなどはあるものの、大きなダメージは無く、アンティークランプらしい佇まいです。また、ベイクライトボールにありがちな中心部の割れやカケもございません。
もちろん、すべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。


このモデルは、"Grasの人気ランキング" の中では決して上位にランクインするモデルではございませんが、意外に玄人受けするモデルです。当時からも、そのような存在だったかと思いますが、それゆえタマ数も少なく比較的レアなモデルとなります。

他のモデルに比べてベースのデザインがより工業的なダイナミックなデザインとなっております。
これは2-WAYで利用できる分離式のクランプの機構ゆえのデザインとなっているうえ、ポール(棒)状の箇所にもクランプが可能なように三角の座グリが入っております。
最大の特徴は、縦でも横でも、例えばデイタイムにワークテーブルに使用していたと思えば、夜にはベッドのヘッドボードで使用する。 ‥など、およそ5mm〜48mmの厚みの場所であれば縦横の向きに関係なくどこにでもクランプができる便利なモデルです。おそらく他にここまでの "機動力" を持つGrasはないかと思います。ちなみにこのクランプ部分に、 "N°201" にあるような円盤状の "当て" のパーツは元々ございませんので、欠損ではございません。
アームの各部ジョイントは特殊な機構ですので、お好みの位置や角度に "ぐいっ" と簡単に各アームを動かせます。究極の機能美ですね。

このモデルの特徴を考慮し、コードの長さなどを気にせず、より簡単に移動&設置できるように今回の配線は >> コチラ のレーヨン製ブラックを4メートルと、たっぷり使用しましたので、配線出口から335cmの長さがございます。
コンセントプラグは黒い日本製の中古のものを使用しております。

電球は付属しませんが、使用電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)です。入手先は東急ハンズや >>インターネット<< またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。


◆SIZE◆
2本のアームを合わせた長さ:約56cm(37cm + 19cm)
1直線に伸ばした際のベース下部〜シェード先端:約77cm
シェード直径:12cm。

レビュー

0件のレビュー