"Knight" Late 1950's-1960's German Fireman Helmet

"Knight" 
Late 1950's-1960's German Fireman Helmet

販売価格: 45,000円(税込)

在庫数 1点

商品詳細

1950年代後期〜1960年代頃のドイツ製ヘルメットです。
このデザインは1930年代、もちろんナチスドイツの時からあるデザインで昨今までドイツで変わらず使用されていたデザインのようで、 "ナチヘル" のようなシェルにモヒカンヘアのようなアルミ製の "アイスラッガー" が付いております。
この、まるで "ナイト(騎士)" のようなタイプのヘルメットは、ドイツでは代々、ファイヤーマン(消防士)がかぶってきたヘルメットだそうです。
また、特に今回のアイボリーはレアカラーとなりますので、 >> 以前販売した物 を気にされていた方、この機会に是非。

アイボリーカラーのシェル部分は鉄製ですので、一般の方でしたらもちろん防災用として普通に役立つかと思いますが、当店といたしましては、"B級チョッパー" にお乗りのバイカーさんの為にと仕入れました。

"ナチヘル" にもよく似たこのルックス。 アルミ製の "アイスラッガー" の2トーンルックとなっており、やはりドイツ製らしいデザイン力の高さも感じますね。
例えばシートやグリップも白に変えて… など洒落た事をせずとも、ただ被るだけ。むしろ色が合っていない方がB級が漂うのはもちろん、やはり王道から "少しハズせる" デザインを持っております。むしろ純粋な "ナチヘル" よりもB級感が増し、かっこいいですね。


アイボリー部分のシェルは鉄製ですが、大戦時のナチヘルなどとは違いインナーがありますので適度にフィットし、走行中に後ろを向くなどして風に煽られてもそうそう脱げたりはしないかと思います。(たぶん)

内装も、耐久性のある本革が全て使用されており(内部は硬質樹脂のインナーバンド)、頭頂部には ”ふっくらした” レザーパットが入っております。

表記がありますように、元々このインナーは驚異の!! 54cmの硬質樹脂のインナーバンドでしたので、レザーカバーごと後頭部の1箇所でカットしました。(画像参照)
ですので、現状のサイズは54cm〜57cmよりちょっと大きいサイズくらい、つまりフリーサイズです。(頭部をぐるっと囲むレザーカバー内の硬質樹脂のバンドがある程度タイトフィットさせてくれます)


着用画像も撮っておりますが、参考までに168cmで頭囲約57cmの私は、通常BELL社の "500-TX"、”R-T” などのサイズが『7-1/8』でジャストフィット、『7-1/4』で "ちょいゆる" です。

その私が被って『7-1/8』のようなジャストフィットです。
おそらくだいたいの日本人が被っても顔とのバランスが良く、まゆげが隠れ、サングラスとのバランスも良いほどのジャストな "目深" 程度に被れます。

さらに大きい方は、たとえば側頭部に噛ませてあるコルクを抜くなどすればさらに内部のバンドは広がるかと思います。いずれにいたしましてもサイズ調整に関して、多少は自分でできる自信のある方のみご購入ください。


また、内部にはこれといった詰め物もはなく、皮職人によってふっくらとドーム型にされたレザーが別素材(多分ファイバー製)の4本のストラップにて設置されております。このため、どのような方の頭頂部にもふっくらと、そして、多少潰れることで、フィット感を得られるようになっているようです。すごいですね。

この頭頂部のパッドの内部を抜くなどすれば "かぶり" そのものの調整ももっと深くする事も可能かと思いますが、自己責任で調整をお願いします。


レザーストラップのコンディションも含め全体的なコンディションも申し分無いです。

レビュー

0件のレビュー