1920's "GRAS N°201"【オリジナル・ベージュペイント】

1920's "GRAS N°201"
【オリジナル・ベージュペイント】

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

1920年代頃のフランス製 "GRAS N°201" クランプ式アームランプです。シェードはN°1054のスタンダードタイプです。(おおよそ0.5cm〜4.5cmくらいの厚みの物にクランプ可能)
特殊な機構により "ぐいっ" と簡単に各アームを動かせます。究極の機能美ですね。

今回のGras。どこをどう見てもオリジナルのベージュ・モデルのように見えます。
理由としましては、シェード装着部、チューブ内やクランプパーツの円盤内側、ボールジョイントのキャップ内部、同じくベイクライトボールが収まっている内部に至るまで全てベージュで、黒やニッケルメッキの跡が、例えばベージュペイントの下から現れているなど、…もどこにも見当たらないからです。
おまけにオリジナルのブラックペイントモデルでたまに見かける塗装の収縮によるシワなどがある箇所もございますので、塗装方法・種類も同じ感じです。
この後の時代では学生寮向けにグレーのペイントのものなどが作られていたため、その前の時代に特注のベージュがあっても不思議ではなく、たぶん当時の特注なんだろうと個人的には思います。
(ですが、書籍などでの証拠がないため、最終的なご判断はご購入いただく方の判断にお任せします)


何れにしても、そのベージュペイントのままヤレヤレになった、珍しい雰囲気を醸し出しているタイプのGrasです。
ここまで “ちゃんとしたヤレ感” を持ったGrasは稀かと思います。
シェードもオリジナルのままで、同じくヤレております(目立ちませんが、背面部に叩き直しがあります)。
この見かけに反し、使用に際し問題のある箇所はございません。

この重厚感やヤレ感はやはりアンティーク物でないと絶対に出せないですね。
中途半端にクリーニングするとかっこ悪くなる為、あえて "手撫でクリーニング" でとどめておきました。出来ればこのままの雰囲気でインストールしてみて下さい。


アーム刻印部は、視認性が悪いものの、うっすらと “・・RAS ・・” と見えますので、"Lampe ajustable GRAS brevetée S.G.D.G." タイプである事がわかります。

今回のGrasは、例えば…
お店の内装や、お部屋の雰囲気が“ウッディー” な感じであったり、“アンティークなヤレ感満点空間” で、『ブラックペイントやニッケルのGrasだとモダンすぎて浮くんだよな… でも欲しかったんだよね。』という方におすすめです。

ベイクライトボールにいくつかのクラック(補修?)はあるものの、ぐいっ!!ぐいっ!!と何度もハードに動かしてみても全く問題なく使用できましたので、今後の心配も無さそうです。
ソケットもやれておりますがオリジナルのままです。

もちろん、すべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。

ソケットはオリジナルのままの真鍮製で木製ブッシング付いております。どちらも渋く経年変色をしております。
配線は>> コチラ << のコットン製ダークブラウンをたっぷりと5メーター使用しました(配線出口からも4メーターの長さがございます)。
さらにコンセントプラグも>> コチラ の、アメリカ製の1920〜30年代頃のデザインをモチーフにしたリプロで、シンプルな "リブ入り" のダークブラウンを選びました。
さらに、"REPLACE..." 刻印の絶縁カバー(リプロ)をお付けいたしておりますのでトータルでの雰囲気も良いかと思います。

電球は付属しませんが、使用する電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)です。入手先は東急ハンズや、 >> インターネット、 またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。

◆SIZE◆
TOP画像の状態で高さ:約65cm 
2本のアームを合わせた長さ:約76cm(57cm + 19cm)
1直線に伸ばした際のクランプ端〜シェード先端:約100cm
シェード直径:14.5cm。

レビュー

0件のレビュー