1920's "GRAS N°201"

1920's "GRAS N°201"

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

1920年代頃のフランス製 "GRAS N°201" クランプ式アームランプです。
特殊な機構により "ぐいっ" と簡単に各アームを動かせます。究極の機能美ですね。

塗装はオリジナル・ペイントで、アーム刻印部は "Lampe ajustable GRAS brevetée S.G.D.G." です。
今回のものは、ダメージポイントやリペアがあるため初めに書いておきますが、下記の点が気にならない方には大変おすすめです。

シェードはずっしりと思い鉄製のホーロー製シェード【焼き付け塗装 - ほぼ黒の超ダークグリーン】に交換されておりますが、質感もよく、シェード直径も19.5cmですので、スタイルもサイズも【N°1055】の "ドラフトマン・シェード" に似ております。

ソケットはツートーンで>> コチラ の木製ブッシング付いております。

アームのベイクライトボールへの付け根にぐるっと一周カケがありますが、内部に同色の樹脂が流し込まれガッチガチに固定されておりますので、今後のハードな使用にも耐えます。

わかりづらいのですが、前所有者が使用する都合でなのか、クランプのネジ棒が短くされております。現状で約2.2cm〜4.0cmほどの厚みに対応できますが、もし使用する箇所が2.2cmよりも薄いようでしたら何か噛ませていただけたら問題ございません。

一通りダメージやリペアについて書きましたが、すべて今後の使用に問題なく耐えうるほど上手く仕上がっているので、前所有者は工場などでこれを使用していた職人さんなのではないかとおもいます。


以上となりますが、すべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。


配線は>> コチラ << のコットン製ブラックをたっぷりと5メーター使用しました(配線出口からも4メーターの長さがございます)。
さらにコンセントプラグはアメリカのG.E.のビンテージを使用しましたのでトータルでの雰囲気も良いかと思います。

電球は付属しませんが、使用する電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)です。入手先は東急ハンズや、 >> インターネット、 またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。

◆SIZE◆
TOP画像の状態で高さ:約65cm 
2本のアームを合わせた長さ:約76cm(57cm + 19cm)
シェード直径:19.5cm。

レビュー

0件のレビュー