1920's "GRAS N°201"

1920's "GRAS N°201"

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細




-*現在、 >> “ヤフオク” にて1000円スタートにてセール中です。ヤフオクIDをお持ちの方はこの機会にぜひ。*-




1920年代頃のフランス製 "GRAS N°201" クランプ式アームランプです。シェードはN°1054のスタンダードタイプです。(おおよそ0.5cm〜4.5cmくらいの厚みの物にクランプ可能)
特殊な機構により "ぐいっ" と簡単に各アームを動かせます。究極の機能美ですね。

アーム刻印部は "Lampe ajustable GRAS brevetée S.G.D.G." です。
今回のものは、経年程度の塗装剥げやサビなどはあるものの溶接系のダメージは無く、ベイクライトボールもノーダメージです。
ソケットは別物がついておりますが、オリジナルと同年代のルックスもほぼ同じです。木製ブッシングが付いており、どちらも渋く経年変色をしております。

シェードのみ塗装の凸凹が微かに見えるため再塗装が施されているようです。
ですが、フルオリジナルパーツ & シェード以外はリペント無しの申し分の無いコンディションです。

印象としては『良い歳の重ね方をしてきたランプ』だなぁという印象です。

もちろん、すべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。

配線は>> コチラ << のコットン製ダークブラウンをたっぷりと5メーター使用しました(配線出口からも4メーターの長さがございます)。
さらにコンセントプラグは>> コチラ の、アメリカ製の1920〜30年代頃のデザインをモチーフにしたリプロで、シンプルな "リブ入り" の、あえて『黒』を選びました。コードと2トーンとなる事でコンセントでの主張もナカナカかと思います。
さらに、"REPLACE..." 刻印の絶縁カバー(リプロ)をお付けいたしておりますのでトータルでの雰囲気も良いかと思います。

電球は付属しませんが、使用する電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)です。入手先は東急ハンズや、 >> インターネット、 またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。

◆SIZE◆
TOP画像の状態で高さ:約65cm 
2本のアームを合わせた長さ:約76cm(57cm + 19cm)
1直線に伸ばした際のクランプ端〜シェード先端:約100cm
シェード直径:14.5cm。

レビュー

0件のレビュー