★Mint Condition★ 1930's "GRAS N°222"

★Mint Condition★
1930's "GRAS N°222"

販売価格: 177,000円(税込)

在庫数 1点

商品詳細

1930年代頃のフランス製 "GRAS N°222" ウォールランプです。シェードはN°1054のスタンダードタイプです。
特殊な機構により "ぐいっ" と簡単に各アームを動かせます。究極の機能美ですね。

アーム刻印は "RAVEL" タイプです。刻印を新旧で言えば、新しいものとはなりますが、当時としては斬新過ぎるほどシンプルに "デザインされた" フォントだったのではないでしょうか。

今回の N°222 はとにかく大事に使用されてきたんだな。 …という印象を受けます。
配線以外はベースからシェードまで全てオリジナルパーツ & リペント無しのオリジナルペイントで、経年最低レベルのダメージで、私個人が見てきた同物の中でも綺麗で非常に良いコンディションです。

ついつい『去年のモデル?』と思ってしまうほどにベースも含め、ペイントも焼き付けのガラス質らしい艶が今だに残ってます。

また、ダメージと言える箇所といたしましては…  “青い矢印” で『ここだけ』と示しましたペイントロスくらいかと思います。

せっかく綺麗なボディ&アームでしたので、今回は特別に当店で保管しておりましたデッドストックのオリジナル(厳密に言うと当時の汎用)ソケットをインストールしました。配線出口の木製パーツは >> コチラ のデッドストックを使用しましたので、綺麗なリビングでも使用できるようなコンディションとなりました。


シェードまで含め全てがオリジナルペイントというのは、このモデルでなくとも最近では大変珍しくなってまいりました。
シェード自体にも目立つ大きなダメージはなく、凹みすら見当たりません。

ベークライトボールもカケなくパーフェクトコンディションかと思います。もちろん、すべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。

今回の"GRAS N°222"、兄弟モデルのN°202とは"テーブル式" と "ウォール式" の違いによるベースの角度 = 可動範囲が異なりますが、テーブルランプとして使用しても特に支障はございません。


配線は、壁付けモデルという事もあり>> コチラ << のレーヨン製ブラックを5メートルと、たっぷり使用しましたので、配線出口から435cmの長さがございます。
コンセントプラグはアメリカ製の1920〜30年代頃のデザインをモチーフにしたリプロで、シンプルな "リブ入り" です。黒いコードに対しあえてホワイト色を使用したので2トーン感がいい感じです。さらに、"REPLACE..." 刻印の絶縁カバー(リプロ)をお付けいたしておりますのでトータルでの雰囲気も良いかと思います。


電球は付属しませんが、使用電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)です。入手先は東急ハンズや >>インターネット<< またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。


◆SIZE◆
2本のアームを合わせた長さ:約56cm(37cm + 19cm)
1直線に伸ばした際のベース下部〜シェード先端:約77cm
シェード直径:14.5cm。

レビュー

0件のレビュー