1930's GRAS N°203 ★超・Mint Condition★

1930's GRAS N°203 
★超・Mint Condition★

販売価格: 375,000円(税込)

在庫数 1点

商品詳細

1930年代頃のフランス製 "GRAS N°203" ウォールランプです。
シェードはN°1054のスタンダードタイプ。

アーム刻印は "RAVEL" タイプです。刻印を新旧で言えば、新しいものとはなりますが、当時としては斬新過ぎるほど "シンプルにデザインされた" フォントだったのではないでしょうか。

今回の N° 203 は私個人が見てきた同物の中で最も綺麗で非常に良いコンディションで、とにかく大事に使用されてきたんだな。‥というか、使用されずに保管されてきたんだな。‥という印象を受けます。


画像でもお分かり頂けると思いますが、ガラス質の焼き付け塗装らしく、ペイントが “しっとり” とした鏡のような艶で綺麗に残っており、100年も昔のランプとは思えないほどかなり綺麗です。
シェードにも大きな凹みもなく、ペイントロスすらほぼ無い完璧なコンディションです。
全てのパーツがここまで綺麗な “オリジナルペイント” というのは、このモデルでなくとも最近では大変珍しいです。

市場ではやはり『ニッケルモデル』の方が数が少ない分、稀少モデルとされておりますが、ダメージを受けやすい "塗装モノ" でこのレベルのコンディションのモノも大変稀少となります。

伸縮アームのクリップにはオリジナルの厚紙がいまだに挟まっており、アームの伸縮部の動きも非常にタイトにしっかりと動きます。
この部分、引っ張りすぎるとスポっと抜けてしまいますので、画像中で『ここから先、抜けますライン』と差しました箇所にマジックで軽い線を引いてあります。抜けるとクリップ内の厚紙も中に入り込んだりとなかなか厄介なのでお気をつけください。

もちろん、他のすべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。

このランプの特徴としては、水平に180°動かせる他、特殊なクリップ機構により "ぐいっ" と34cmほど簡単にアームを伸ばしたり、さらにこの箇所で360°垂直回転します。また、その先の短いアームでも角度を自由に動かせますので、様々な場所、シーンに対応可能かと思います。究極の機能美ですね。

このモデルのスチールアームは、下からの引っ張りなど(?)でアーム自体が下方に垂れ下がリ気味に曲がっているものも多いですが、今回のものは言うまでもなく、しっかりと壁と垂直、そして床との水平を保っております。

ソケットは真鍮製 - 配線出口の木製パーツも良い味を出しております。他も全てオリジナルパーツです。
配線は、壁付けモデルという事もあり>> コチラ << のレーヨン製ブラックを6メートルと、たっぷり使用しましたので、配線出口から480cm〜500cm(アームの伸縮によります)の長さがございます。
さらにコンセントプラグは >> コチラ 黒色樹脂の、アメリカ製の新品で、1930年代頃をモデルにしたリプロ(ヴィンテージモデル)の "リブ柄" 物を使用しておりますので良い雰囲気かと思います。


電球は付属しませんが、使用電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22Dです。入手先は東急ハンズや
>> インターネット またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。


◆SIZE◆
シェードを真下にし、長短のアーム一直線にした際の長さ:最短約85cm〜最長約110cm

長アームのみの長さ:最短約54cm〜最長約86cm。
短アームのみの長さ:約16cm。
シェード 直径:約14cm。

レビュー

0件のレビュー