1930's GRAS N°202  ☆フルオリジナル☆

1930's GRAS N°202  
☆フルオリジナル☆

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

1930年代頃のフランス製 "GRAS N°202" テーブル/ウォールランプです。
シェードはN°1054のスタンダードタイプ。

基本的に、塗装もパーツもフルオリジナルです。
経年変色の素晴らしいソケットもおそらくはオリジナルで、木製ブッシングが付いております。
アーム刻印は "RAVEL" タイプです。刻印を新旧で言えば、新しいものとはなりますが、当時としては斬新過ぎるほど "シンプルにデザインされた" フォントだったのではないでしょうか。

今回のものは画像の矢印で示しました箇所シェード部の関節の1箇所が割れております理由で【“ヤフオク”にて1000円スタートセール】とさせて頂きました。
ただ、当時の良質の鉄でできたオリジナルパーツですので、このダメージは使用に全く問題なく、シェードの角度を変える際も労って変える必要なく普通に使用が可能です。ですので、この部分が気にならない方には、フルオリジナルという点も含め大変おすすめです。

オリジナル塗装のシェードにはかすかな歪みはあるものの大きな凹みやダメージは特になく、もちろんすべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。

兄弟モデルのN°222とは"テーブル式" と "ウォール式" の違いによるベースの角度 = 上下の可動範囲が異なりますが、壁付にした際にN°222よりも下方にまで下がる点でN°202はテーブル用としてではなく壁用として使用している人の方が多いですね。
画像は撮り忘れてしまいましたが、壁付けの状態から、長い方のアームを水平に出し、そこから短い方のアームを直下(直角)に下げてもかっこいいです。これは可動域が異なるN°222ではできない設置方法です。


配線は>> コチラ << のコットン製ブラックをたっぷりと5メーター使用し、配線出口からも430cmの長さがございます。
さらにコンセントプラグは>> コチラ の、アメリカ製の1920〜30年代頃のデザインをモチーフにしたリプロで、シンプルな "アコーン柄" の『白』を選びましたので、コード&コンセントだけを見ても2トーンでかっこいいです。


電球は付属しませんが、使用電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)です。入手先は東急ハンズや >>インターネット<< またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。


◆SIZE◆
2本のアームを合わせた長さ:約56cm(37cm + 19cm)
1直線に伸ばした際のベース下部〜シェード先端:約77cm
シェード直径:14.5cm。

レビュー

0件のレビュー