- 初期型 - ★Bielle Plate★ Late 1910's GRAS N°206

- 初期型 -
★Bielle Plate★
Late 1910's GRAS N°206

販売価格: 2,500,000円(税込)

在庫数 1点

商品詳細

<< 現金払いのみの商品となります >>

フランス製 "GRAS N°206" です。
今回は、中でも珍しいウッドベースで、さらに、ランプ・グラの中でも初期に生産されたフラットバー、そして、アーム刻印に関しても "刻印無し" タイプなので、はっきりした資料はございませんが、生産時期は特許を取る前の1910年代後期(?)〜1921年と思われるモデルです。
メッキに関しましても、おそらくは通常のニッケルメッキではなく、それよりもマットな “ジンクメッキ” 仕上げとなる極めて稀少なグラです。

ボディパーツはシェード&コンセントプラグ以外は全て100%オリジナルオリジナルコンディションのほぼ完品です。
もちろんアームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。(ボールジョイント部は若干止まり加減にムラはありますが。ボトムの特大ウイングネジの調整で問題なく使用できます)

100年も昔のランプで、このルックス。当時としては斬新過ぎるほどシンプルに "デザインされた"ランプだったのではないでしょうか。
工業製品に通常は必要なナット&ボルトパーツや、溶接ポイントなどが一切無く、無駄の無いシンプルでフランス製らしいデザイン。 特殊な機構により "ぐいっ" と簡単に各アームを動かせます。究極の機能美です。

真鍮製のソケットは初期のGrasによく付いている "日章旗" のようなデザインのパドルスイッチがついたタイプです。真鍮製ですが、当時らしい、比較的銅の含有量が多い【レッドブラス】という、アンティークのマニア界では比較的人気のある真鍮製です。

シェードは唯一オリジナルではないわけですが、個人的には、形、色、大きさのバランスを考えると、オリジナルよりもむしろこちらの方がマッチしているのではないかと思います。
このシェードの素材はオリジナルよりもかなりしっかりしていて、かな〜り分厚い真鍮製で手で簡単に曲げられるものではございません。真鍮の質もソケットと同じ【レッドブラス】製となります。
もちろん、このグラが見つかった時からこのシェードでしたので、何らかの事情で当時の所有者が変えたものだと思われますが、非常にセンスの良い方だったようです。


配線も恐らくオリジナルのままで(古い配線特有の硬化などの劣化も見られなかったため、そのままの販売とさせていただきます)、茶色いコットン製で珍しい質感の配線ですが、若干短いため、アメリカG.E.(ゼネラルエレクトリック)のビンテージ・コンセントプラグを2個、EMECO製の延長コード用プラグ、 >>コチラ のコットン製ダークブラウンをたっぷりと3メーター使用し、ちょっと贅沢な専用の延長コードを作成しました。(必要なければ他でお使いください)

電球は付属しませんが、使用電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)で、さらにシェードが小振りのため、丸い電球をお勧めします。
入手先は東急ハンズや、インターネット、 またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。


◆SIZE◆
TOP画像の状態で高さ:約53cm 
2本のアームを合わせた長さ:約53cm(35cm + 18cm)
ウッドベースの三角の一辺の長さ:各17cm。高さ:7cm。
シェード 直径:14cm、深さ:9.5cm。
床から垂直に一直線に伸ばした際の、床〜シェード先端:約77cm

レビュー

0件のレビュー