★BELL★PUSH★ 1900's "COMBINATION" Door Knob & BELL

★BELL★PUSH★
1900's "COMBINATION" Door Knob & BELL

販売価格はお問い合わせください。

SOLD OUT

商品詳細

1899〜1910年代(1899年の特許)の "ベル内蔵式" のドアノブです。非常に重厚な造りです。
もともと大変希少なドアノブですが、>> 以前にも数台ご紹介させて頂いており、その内のジャパンカラーの物に関しましては、ご購入頂いたお客様のご厚意により >> コチラ でもご紹介させて頂いております。

ノブ上部に刻まれた "BELL" 。そして、ノブの中央に仕込まれた "PUSH" ボタンと、それぞれにエンボスマークが入っておりインパクトもございますが、なんといっても当時物らしいこのフォント・デザインが良いですね。(*"PUSH" ボタンの出っ張り具合は、ねじ込みで調整可能です)

そして、この刻印の指示通り "PUSH" ボタンを押すと、逆側のドアノブ型ベルが『 チ〜!!』‥と、往復分 "オールドファッション" な重厚な音で鳴り響きます。残響も長いです。(*実際の音は→説明欄最下部のYouTube動画でご確認下さい)

どちらかというと小さめのショップさんや個人部屋向きですが、古民家系の小振りな一戸建てでしたら、ドアベル用としても十分な音量かと思います。


内部には太い真鍮製のスプリングと、特殊 "半ストッパー" パーツが内蔵されております。
半ストッパーの "溜め" & バネの "弾く" パワーの相乗効果により、押す時の感覚にも往復でメリハリが生まれ、 "ポッコン!" という感覚で『 チ〜!!』と往復分鳴る感じです。
一度押すと病みつきになる非常に押し心地の良い"PUSH" ボタンです。(ボタン自体は亜鉛系?の合金製です)

ドアノブは "BELL"ボタン側(中は空洞)も、ベル(鳴る)側も全て肉厚の真鍮製で、経年の変色が非常に良い雰囲気抜群で、大変良好なコンディションです。

そして、シャフト(軸の四角い心棒) - 【太さ約7.0 〜 7.1mm】は、特殊な内部構造を持っており、ベルを鳴らす際に稼働するクランク用の "インナーシャフト" (ネジ棒)が入っておりますので、"このドアノブ専用" のシャフトとなり、代用は構造上不可能となります。

また、ラッチ側にあるシャフトを通す穴は "■向き" ではなく、"◆向き" の穴となっていなければなりません。
ササッと調べてみた所、日本製の場合は基本的に "■向き" となるようで、これらを加工し、使用した場合は、"BELL" の文字が微妙に左右どちらかに傾く結果となる為、アメリカ製の一式セットを別途ご用意いただくか、専門の加工が必要となります。

当店が取り扱う >> コチラ のコーナでも少々のパーツは取り扱いございますが、ご購入前に、必要なパーツをご自身でお調べいただいたのちに別途ご用意ください。

また、ドアの厚みに対して、シャフトの長さの調整が必要ですが、撮影時は "最長" にて撮影いたしました。メジャーを添えた画像を参考にしてください。現状で、別途ご用意頂くバックプレートなどを想定しても6cm程度(?)から薄いドアまで大体のドアにフィットするかと思います。

薄いドアの場合は "インナーシャフト" (ネジ棒)が 突き出し、"PUSH" ボタンが飛び出た状態となります。"インナーシャフト" には元々ネジが根元まで切ってありますので、この"インナーシャフト" を必要な長さでカットして下さい。


必ずしも上記の工程を行なっただけで問題無く設置&使用出来るものでもなく、まずはこういった "複雑な構造のアンティーク製品" を取り扱う上での "勘" が必要になります。
そして状況に応じて各部調整、加工、修理、場合によってはパーツ交換なども必要になる場合もあるかと思いますので、必ずご注文前にプロの施工業者さんにご相談頂き、何も問題が無いとご判断頂いた上でご注文下さい


レビュー

0件のレビュー