1920's GRAS N°222

商品詳細

1920年代頃のフランス製 "GRAS N°222" テーブル/ウォールランプです。
シェードはN°1054のスタンダードタイプです。

壁付けなので場所も取らずにかっこいい。おまけにさまざまな角度に位置を変えられますので重宝するランプです。

"GRAS N°222"と、兄弟モデルのN°202とは"テーブル式" と "ウォール式" の違いによるベースの角度 = 可動範囲が異なりますが、テーブルランプとして使用しても特に支障はございません。
特殊な機構により "ぐいっ" と簡単に各アームを動かせます。究極の機能美ですね。

アーム刻印部は薄めですが "Lampe ajustable GRAS brevetée S.G.D.G." です。
ソケットもオリジナルで、木製ブッシングが付いております。

今回の物は、シェードからベースまでがすべてオリジナルパーツのままで、シェードにも細かい凹みが複数あったりしますが、大きな凹みや大きな塗装ハゲもなくマットなツヤ感でアンティークらしい良好なコンディションです。
ショートアームに塗装の劣化による凸凹感(塗装剥がれの箇所に錆止め程度?)がありますが、塗装自体は全てオリジナル塗装のままです。
動きの支点となるベイクライトボールもダメージというダメージも無く大変良好なコンディションです。
もちろん、すべてのボディパーツが正常に機能し、アームの動きも非常にタイトにしっかりと動き、止まり、そしてキープします。

配線は>> コチラ << のコットン製ブラックをたっぷりと5メーター使用しました(配線出口からも430cmの長さがございます)。
コンセントプラグは、アメリカ製の当時のビンテージを選びましたのでコンセント周りもオシャレです。
さらに、コンセントの絶縁カバー(リプロ)に"REPLACE..." 刻印の物お付けいたしておりますのでトータルでの雰囲気も良いかと思います。

電球は付属しませんが、使用電球はピン式のヨーロッパ球で口金サイズB22D(推奨は白熱電球で40W程度)です。入手先は東急ハンズや >>インターネット<< またはご近所のホームセンターでのお取り寄せでのご購入となると思います。


◆SIZE◆
2本のアームを合わせた長さ:約56cm(37cm + 19cm)
1直線に伸ばした際のベース下部〜シェード先端:約77cm
シェード直径:12.5cm。

レビュー

0件のレビュー